2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無香のキャンドルでアロマを愉しむ方法

bono candle です。

キャンドルTipsとして、キャンドルを愉しんで頂くための色々をご紹介しております。

アロマキャンドルがお好きな方多いと思います。

販売をしていても、アロマキャンドルありますか?
というご質問を沢山受けます。

bono candle では無香もアロマキャンドルも作っておりますが、
どちらかというと無香のキャンドルの方が多いです。

そこで今日は、いつもお客さまにご案内している
無香のキャンドルでアロマを愉しむ方法をご紹介致します。

1.まずはお好きなキャンドルに火を灯します。(直径3cmより大きいキャンドルをご使用ください)
2.芯の周りのロウが溶けて、ロウ溜まりが出来るまで5分ー10分ほど待ちます。
3.ロウ溜まりの一番外側(芯から遠い位置)にお好みのアロマオイルを2-3滴垂らします。

これだけです!!

ロウ溜まりでアロマオイルがゆっくりと温められ、香ります。
アロマオイルは揮発したり、次第に芯に吸い上げられ、燃焼しますので、
香りがなくなった時には、同じようにロウ溜まりの一番外側からアロマオイルを足して下さい。

アロマオイルを入れすぎたり、芯に近すぎるところに入れますと
キャンドルの燃焼を妨げたり、ススが出る事がありますのでご注意ください。

これでお好みの香りのキャンドルを愉しんで頂けるかと思います。
とっても手軽です、ぜひお試しください☆


スポンサーサイト

キャンドルを灯す際には

bono candle です。

寒いこの季節、キャンドルをお愉しみの方も多い様で、
キャンドルのお取扱いについて色々なご質問を受けます。

キャンドルTipsとして、キャンドルの事、灯す時や灯した後など
よりキャンドルを愉しんで頂くための色々をご紹介します。

今日は基本編。
灯す際にご注意頂く事を色々です。

キャンドルを灯す時は水平な場所で
キャンドルホルダー、不燃性のお皿などの上に置いて下さい。

キャンドルの種類によっては、途中、溶けたロウが流れ出す事があります。
お皿はキャンドルよりも大きめの物をご使用下さい。

キャンドルの芯はご購入の際、長めになっている事が多いです。
灯す時には 5mmから1cm 程度しか必要無い場合が殆どです。
芯の先を5mmから1cmにカットしてから灯して下さい。
(別途商品に注意書きなどが添付されている場合には、そちらに従ってください)

一度灯したキャンドルを再度灯す際にも、芯の燃えかすが長く残っているようであれば
5mmから1cmにカットしてから灯して下さい。
長すぎる芯のままだと、ススが出やすくなります。

キャンドルの火を吹き消すと、煙と匂いが残ります。
スナッファーと呼ばれる、火消しの道具などもありますが、
お家では、割りばしを使って消すと煙も匂いも残りません。
割りばしで芯をつまみ、芯の下に溶けたロウ溜まりの中に倒し、
火が消えたら、芯を垂直に戻します。
この時、芯をピンと立てておくと次に灯す時に灯しやすいです。

最後に、キャンドルの火は風に弱いので、
窓やエアコンの側など、風が直接あたる場所では灯さないようにしてください。

キャンドルの側を離れる際には消火をお忘れなく!

本日はこの辺で。
今後も色々なキャンドルTipsをご紹介して参ります。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

bono candle

Author:bono candle

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (1)
取扱い(販売)店 (6)
販売・販売イベント (33)
個展・展示イベントなど (15)
アトリエ日記 (37)
キャンドルレッスン (5)
キャンドルを灯す (6)
キャンドルTips (2)
キャンドル雑記 (14)
プライベート 日記 (11)
ご注文について (0)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。